新潟伝統織物 亀田縞

新潟伝統織物 / グッドデザイン賞 / 産学協同 / 伝統と現代/ テキスタイルデザイン / 現地リサーチ / 常設
00022-tmb.png

Concept​

このプロジェクトは、「亀田縞」の復活を目指して、2014年にスタートしました。新潟市南部に位置する旧亀田町の伝統織物「亀田縞」は、農作業着として地元の人だけでなく全国で愛用され、約300年の歴史を数える伝統的な綿織物です。しかし暮らしの変化と、日本の織物産業の衰退とともに、その伝統は途絶えようとしています。「現代の暮らしに馴染む新しい“縞”」をコンセプトに産学共同で新たな「亀田縞」を開発。デザインされた2種類の新しい“縞”を、宿泊型複合施設「里山十帖」のリラックスウェアやベッドカバーに展開しました。

12189509_912664295454786_4618355445033631342_o-940x723
12189509_912664295454786_4618355445033631342_o-940x723

press to zoom
12189509_912664295454786_4618355445033631342_o-940x723
12189509_912664295454786_4618355445033631342_o-940x723

press to zoom
1/1

概要

内容:伝統織物「亀田縞」の復興をかけた新しい“縞”のデザイン

プロジェクト実施年:2014−2015年

ディレクター:岩佐十良(株式会社自遊人)

       鈴木純子(武蔵野美術大学テキスタイル専攻准教授)

デザイナー:仲佐史恵、下垣内 岳、坂本美紗希、山本愛子

​常設:里山十帖(新潟県南魚沼市)

受賞:グッドデザイン賞2015

出展:グッドデザイン賞エキシビジョン2015 ( 東京ミッドタウン)

 

15G010038_01_880x660.jpg
15G010038_03_880x660.jpg

​左:館内リラックスウェア 右:バッグ

15G010038_02_880x660.jpg

里山十帖館内のベッドシーツとして利用されています。

concept_03_05.jpg

織物職人の立川さんにお話を伺うプロジェクトメンバー。

concept_03_06.jpg

​実際に織っている様子を見学させていただきました。

concept_03_02.jpg

​亀田縞の繊細な縞模様

concept_03_03.jpg

デザイナーチームによる​コンセプト提案の様子

concept_03_04.jpg

プロジェクトメンバーと織物工場を営む立川さん夫妻

00022-tmb.png
00022-tmb.png