​藍染めバティックをつくろう

​国際交流プロジェクト / インドネシア / 藍染め / バティック / 子供向けワークショップ 
00022-tmb.png

Concept​

インドネシアの天然藍(マメ科の植物の葉っぱ)による藍染めと、インドネシアの伝統染色技法のバティック(溶かしたろうで模様を描く技法)を体験できるワークショップを開催しました。ゲスト講師として、インドネシアからバティック職人のアリフさんが来日。通訳や進行は美術家の山本愛子が行いました。本場の道具や素材をつかった貴重な体験。2日にわたるワークショップで、参加者同士の交流も深まりました。

1/1

開催概要

会期:2017年3月18日、25日(A日程)3月19日、26日(B日程) 

時間:13:30〜16:30

会場:BankART Studio NYK

主催:横浜市

企画:BankART1929 + 山本愛子

​チラシデザイン:松岡未来

事業:第50回アジア開発銀行年次総会横浜開催関連事業

参加費:無料

参加人数:43人

​​関連するもの(外部リンク

BankARTニュース

​BIXA BATIK instagram

_MG_8758.jpg

​バティック職人のアリフさんによる藍染めの説名タイム

_MG_8843.jpg

それぞれのペースで下書きを描いたり、染めたり、お話したり。こどもも座りやすい長机。

_MG_8997.jpg

鉛筆で下書きした上に、​バティックをのせていきます。作業中は、ろうのいい香りがします。

_MG_8707.jpg

​ろうをのせた布を藍染めします。このあと、お湯でろうを溶かします。

_MG_8921.jpg

小さなお子さんでも簡単にたのしめる、ビー玉やわりばしをつかって​絞り染めも。

_MG_9242.jpg

指先で描く細かい作業も、たくさん並ぶと壮観です!

_MG_8985.jpg

​親子で共同制作、とっても楽しそう!(名札も藍染めでこだわってみました。)

_MG_9367.jpg

今回、急遽とりいれた桜染め。アリフさんが来日した3月、人生初の桜に感動され、インドネシアの藍と日本の桜をミックスした染色でコラボレーションがしたいという話に。桜の枝を入手し、WS最終日になんとか実現できました。

_MG_9270.jpg

​染められた大小さまざまな布たち。これからみんな生活のなかで、大切に使われていきますように。