© Aiko Yamamoto

  • Twitter Clean
  • w-facebook
  • w-googleplus

Group Exhibition :A Gentle Gaze - 温柔的视线

October 27, 2019

A Gentle Gaze 温柔的视线

I will participate the group exhibition in Shanghai.​

 

●Exhibition Period/2019.11.2. - 12.8.
●Exhibition Venue/HWA’S Gallery (3398 Longteng Ave, Xuhui, Shanghai, China )

Interview about my solo exhibition

October 08, 2019

Article about my solo exhibition, interview by young awesome curators Maria doll and Chung Yingying! 

They have Chinese version as well. Please check it out.

 

Artist Leading the Way | Taipei Artist Village: Exclusive Interviews with Artists-In-Residence

This interview was carried out by Maria Dolfini and Chung Ying Ying in conversation with the artist Aiko Yamamoto.

Solo Exhibition:Pathos of Things

August 31, 2019

We will be holding “Pathos of Things” in Taipei. Please come by all means.

●Exhibition Period/9.8 (Sun.)–9.22(Sun.)
●Open Time/11:00-18:00 (Closed on Monday)
●Exhibition Venue/寶藏巖國際藝術村 Treasure Hill Artist Village

 

Concept

The works in this exhibition are mainly made from the waste and second-hand goods that I found in Taipei. These old things have a “pathos” presence that new things don't have. I collected "pathos of things" by my intuition, also research on the history of traditional textile in Taiwan. Rusted nails on the roadside, an iron fence discarded in the forest, weeds cut by a mowing man and pieces of clothes piled up in cardboard at the morning market, I experimented with using these materials to dye the old clothes by boiling weeds in hot water and rusted metal.
In Japan, there’s a concept called “Mono no Aware”. "Mono no aware" means "the pathos of things", and also translated as "an empathy toward things", or "a sensitivity to ephemera", is a Japanese term for the awareness of impermanence, or transience of things.
When the one’s heart is impressed by "Object(Mono)" and "Memory (Koto)", the emotions, called "Pathos (Aware)", are born. The ancient Japanese think that when all emotions deeply resonate with a person's heart, “Object (Mono)”, “Memory (Koto)” and the person's heart come together as one. That state is a perception of "Mono no Aware."
The “Object (Mono)” I collected here have a profoundly remaining “Memory (Koto)” such as climate memories, time memories, and anonymous personal memories. I made a work by interacting with those materials. When I was touching these abandoned objects, they appealed to me with various emotions, such as warmth, sadness, and anger. Things are just silent, but they show emotions. It seems like a mirror reflecting my heart.
Anonymous “object (Mono)” that we do not know when and who used them makes an opportunity to imagine about the past “Memory (Koto)”. It appeals deeply to the human hearts who live today.

出展情報「コンパスヨコハマ」

September 26, 2019

​コンパスヨコハマに出展いたします。

世界の文化を受け入れてきた街「ヨコハマ」。 それは、海外とつながる「羅針盤=コンパス」の役割の歴史ともいえます。 「コンパス ヨコハマ2019」には、 「ヨコハマから新たな文化を」「自分の羅針盤を見つけて未来へ」というメッセージが込められています。 みなとみらいの美術の広場を会場とした大人も子どもも楽しめるイベントです。 昼から夜へと移り変わる横浜の風景とともにお楽しみください。

会場 美術の広場(グランモール公園・横浜美術館前)入場無料

​平日・休日で開催時間が異なります。詳しい日時はウェブサイトからご確認ください。 

AIR「台北国際芸術村AIRプログラム2019」に参加します。(台北)

July 02, 2019

台北国際芸術村|寶蔵巌にてレジデンスプログラムに参加いたします。

プログラム名:Treasure Hill Artist Village(THAV) 2019 Season3

レジデンス期間中にはアーティストトークやOPEN STUDIO等のイベントが開催されます。

また、9月には個展を開催する予定です。

随時更新いたします。

出展情報「ART BOOK/ ART GOODS」

June 30, 2019

サイアノタイプによる小作品1点を展示販売しております。

開催場所:BankART Station

開催期間:2019.7.5-21

開館:11:00-19:00

展覧会「記憶の海」開催のお知らせ(杭州)

June 28, 2019

在外研修中の中国で展覧会を開催します。

プログラム名:“玩吧”YOUNG to young 国际联合设计教育工作坊

展覧会タイトル:記憶の海

講師:YAMAMOTO AIKO

中国講師:杨可 

助教:戴佳林 

学生:邓祎蕾 谢睿琦 王子沅 李梦涵 毛逸璇 傅竞婕 杨旖旎 凌静 韩妤莹 蔡鸿鹏 林舒玲 张鑫 魏薇 杨小钰 何瑾 吕东进 吴子怡 陈格晨 张菁洁 李青璇 徐逸帆 丁子芸 俞越桐 陈新悦 吴佳慧 张浩楠

出展情報「Under the Table」(杭州)

June 09, 2019

在外研修中の中国にて展覧会に参加いたします。

展覧会タイトル: Under the Table

場所:浙江省 杭州市 西湖区 保利未来人才家苑 二栋一单元负二层地下

期間:2019年6月15日 - 2019年7月15日

WELCOME TO UNDER THE TABLE, AN UNDERGROUND EXHIBITION LOCATED IN THE BASEMENT OF THE ZHUANTANG POLYAPARTMENTS TALENT COMPLEX.  THIS GROUP OF CHINESE AND INTERNATIONAL ARTISTS IS PROUD TO PRESENT SOME OF THEIR WORKS TO YOU.

 

IT IS IN THIS SHOW THE ARTISTS HAVE CHOSEN TO DIVULGE SOME OF THEIR SECRETS THAT WOULD POSSIBLY WILT IN THE RAYS OF THE SUN ABOVE GROUND, BUT THRIVES IN THE SECOND FLOOR UNDERNEATH THE EARTH.  GATHERED HERE ARE WORKS THAT COME  DIRECT FROM THE SOURCE, RAW, UNFILTERED, AND RAPID.

 

SOME OF THE MOST EMERGENT TALENTS ARE SELECTIVELY BROUGHT TO YOU HERE, VISITING HOURS ARE BETWEEN MONDAY-FRIDAY 11AM - 8PM AND SATURDAY-SUNDAY 10AM - 8PM, AND CLOSES JULY 15th.

出展情報「2019首届之江国际青年艺术周」(杭州)

May 24, 2019

在外研修中の中国にて展覧会に参加いたします。

展覧会タイトル:2019首届之江国际青年艺术周

場所:杭州象山艺术公社
展示期間:2019年5月25日-6月30日期间

联动浙江省文学艺术界联合会、中共杭州市委宣传部
中国美术学院、浙江音乐学院、西湖区人民政府

出展情報「罗曼蒂克的写法」(南京)

May 19, 2019

在外研修中の中国にて展覧会に参加いたします。

 

展覧会タイトル:罗曼蒂克的写法

展览时间:2019.5.26—2019.10.30

地点:24小时美术馆1至5号馆

 

策展⼈: 宋振熙

执⾏策展人: 巩皓妍

学术⽀持机构:当代艺术调查局

特邀批评: 宋哲、刘化童

参展艺术家: 王瑾、古师承、⼭本爱子(⽇)、王玮珏、王海龙、刘影

媒体⽀支持: Hi艺术、雅昌艺术、凤凰艺术、新浪当代、艺术当代、典藏艺术等

出展情報「大子まちなかアートウィーク2019」

February 02, 2019

大子まちなかアートウィーク2019にて過去作「山の雫」+新作ドローイングを展示いたします。

『大子まちなかアートウィーク2019』
期間:3月2日(土)〜17日(日)
会場:常陸大子駅周辺商店街
時間:平日 11:00〜17:00 土日 9:30〜17:00
観覧料:無料
共催:大子町、大子アートコミュニティ
ディレクション:株式会社MeltingPot

出展情報「Hopes & Dialogues in Rumah Kijang Mizuma」

December 17, 2018

ミヅマアートギャラリーシンガポールにてグループ展に参加いたします。

A group exhibition curated by Hermanto Soerjanto, featuring Agan Harahap, Aiko Yamamoto, Angki PurbandonoEguchi Ayane, Fatoni Makturodi, Gilang FradikaKumazawa MikikoOkada HirokoOkamoto Ellie, PAPs (Prison Art Programs), Ryuki YamamotoTsutsui ShinsukeYoga Mahendra, and Yuna Ogino.

12 January – 10 March 2019
Opening Reception: Saturday, 12 January 2019, 4pm – 7pm
Artist Talk: Friday, 25 January 2019, 6pm – 7pm

Public Programme
Friday, 25 January 2019, 6pm – 7pm
In conjunction with Art After Dark at Gillman Barracks, Mizuma Gallery will present Mizuma 

出展情報「交叉域 CROSS DOMAIN」

December 16, 2018

在外研修中の中国にて展覧会に参加いたします。

交叉域 CROSS DOMAIN

展览总监 Exhibition Director :朱强

策展人 Curator :管怀宾 宋振熙

展览执行 Exhibition Executive:吴燕

展期 Duration:2018.12.24 - 02.28

 

艺术家Artists:

曹澍 陈抱阳 陈陈陈 陈雨 池田嘉人 川越健太 郭熙 广田郁也 姜玥皜 金亚楠 井村一登 李伟 孟祥龙 木户龙介 内田里奈 牛大悟 潘逸舟 裴丽 山本爱子 邵睿璐 邵文欢 升谷绘里香 石玩玩 施政 宋戈文 藤田克丽亚 藤元明 汪洋&吴穹 翁劼 小瀬村真美 朱玺

 

地点 Location:苏州金鸡湖美术馆

個展のお知らせ「山の雫」

August 11, 2018

茨城県大子町にて個展「山の雫」を開催いたします。

旧酒蔵倉庫を使用した長期展となっております。
何卒よろしくお願いいたします。
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

山本愛子展「山の雫」

会期|2018年8月17日(金)ー10月21日(日)
場所|旧大丸商店倉庫(茨城県久慈郡大子町大字大子838)
開館時間|10:00ー17:00不定休*

オープニングイベント
8月17日(金)18:00- 19:00
会場内で山本による滞在報告会と作品解説を行います。

アートを活かしたまちづくり事業
(大子アーティスト・イン・レジデンス)
主催|茨城県大子町 株式会社MeltingPot 
協賛|旭松食品株式会社、株式会社伊藤園、マルコメ株式会社、他 
お問い合わせ|大子町役場 まちづくり課
TEL 0295-72-1131 E-mail machi@town.daigo.lg.jp

*開館日は予告なく変更になる場合がございます。

最新の開館情報はFacebookアカウント @daigodair でご確認いただけます。

または大子町役場まちづくり課までお問い合わせください。

–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

AIR「大子アーティストインレジデンス」

July 01, 2018

茨城県の大子町に新しくオープンする「大子アーティストインレジデンス」にて

滞在制作と成果発表を行います。

滞在期間中にオープンスタジオ、ワークショップ、展示など開催予定です。

​各情報は随時更新していきます。

アーカイブ掲載「ワークショップ まじゅつや」

April 09, 2018

株式会社MeltingPotとの共同企画で実現した藍染めを使ったワークショップ「まじゅつや」のアーカイブが掲載されております。是非ご覧ください。

ワークショップ開催のお知らせ

March 21, 2018

茨城県大子町で行われる「大子まちなかアートウィーク」で大子町の自然物と藍染めを使った一日染屋「まじゅつや」を開催します。どなたでもお気軽に染色ワークショップに参加できます。

  • 日時     3月25日(日曜日)
           午前11時から午後3時まで

  • 場所     大子フロント(大子町大子988番地)
           ※旧森山写真館

  • 参加費    無料

  • 所要時間   60分

出展情報「アーツ・チャレンジ2018」

December 09, 2017

入選したアーティストたちが、本事業のキュレーターで選考委員の角奈緒子氏によるアドバイス及びコーディネートのもと、作品を制作・展示します。 

展示期間 平成30年2月14日(水)〜2月25日(日) 

10:00-18:00(最終日16:00まで)休館日2/19(月)

展示場所 愛知芸術文化センター

入場無料

◎角奈緒子氏(広島市現代美術館学芸員)による作品ガイドツアー2月14日 10:30〜、14:00〜

主催:あいちトリエンナーレ地域展開事業実行委員会

出展情報「北仲COOP」

October 18, 2017

横浜トリエンナーレ関連イベント

北仲COOPにミニブックと小作品展示販売をしています。

期 間: 2017年8月4日(金)〜11月5日(日)
(休館日はヨコハマトリエンナーレに準じる)
時 間: 11:00〜19:00
入場料: ヨコトリセット券持参
(お持ちでない方も200円で入場できます)

出展情報「TAMAVIVANT2017 ポガティブ展」

July 19, 2017

過去作と新作を展示します。

【多摩美術大学展】
会期:2017年9月25日(月)〜 10月7日(土)
時間:9:00~19:00(最終日17:00閉場)
   入場無料
会場:アートテーク・ギャラリー
   〒192-0394
   東京都八王子市鑓水2-1723 多摩美術大学八王子キャンパス内
出品作家:足立篤史、タシロサトミ、張ビンナ、槙野さやか、松浦延年、矢成光生、山本愛子

【パルテノン多摩展】
会期:2017年11月19日(日)〜 11月25日(土)
時間:10:00-18:00(土・日17:00閉場)
   入場無料
会場:多摩市複合文化施設 パルテノン多摩 特別展示室
   〒206-0033
   東京都多摩市落合2-2-35

【公式HP】
http://www.tamabi.ac.jp/geigaku/tamavivant/2017/

※スマートフォンからの閲覧は推奨しません。

出展情報「クリエイターズマーケット2017」

July 18, 2017

クリエイターズマーケット 出店情報

7/27.28.29の3日間、手描き藍染めバティックによるアクセサリーを販売いたします。


期間◆2017年7月27日・28日・29日
営業時間◆午前10時-午後9時
場所◆ボックスヒル取手 3Fエスカレーター横特設会場

 

クリエイターズマーケットとは?
取手に関わるアーティスト・東京藝術大学の学生による作品展示、販売イベントです。

お近くの方は是非お越しくださいませ。

ミニブック販売のお知らせ

July 17, 2017

「Whispering Lives」

 mini book by Aiko Yamamoto

少部数でミニブックを制作いたしました。

インドネシアのジョグジャカルタのアートスペース

Langgeng Art Foundationのミュージアムショップにて期間限定で販売しています。

http://www.langgengfoundation.org)

日本では8月より販売予定です。詳細は7月下旬にホームページにてご報告いたします。

 

越後妻有にてパフォーマンス・衣装担当

October 31, 2017

パフォーマンス集団「ことほぎ連」として楽器隊と衣装を担当します。

当日は、パフォーマンス集団「山山山」と即興のコラボパフォーマンスをします。

越後妻有のまつだい棚田バング

2017年5月20日(土) 13:00~16:00(12:30受付開始)
交流会18:30~20:00
2017年5月21日(日) 10:00~12:00(昼食・解散)
集合場所:奴奈川キャンパス(新潟県十日町市室野576)

出展情報「逗子海岸映画祭2017」

April 30, 2017

逗子海岸映画祭2017Bazzarに出展します。

インドネシアバティックによる藍染めのアクセサリーなど出展します。

 

開催日:4/28(金)~ 5/7(日)
開場:11:00(4/28,5/1,2の平日は15:00開場となります)
開催地:逗子海岸
主催:逗子海岸映画祭実行委員会
共催:逗子アートフェスティバル実行委員会
協力:逗子市

ワークショップ開催のお知らせ

March 19, 2017

藍染めバティックをつくろう

インドネシアの伝統的な染色技法を使った子供向けワークショップ

A日程:3月18日(土)、25日(土)

B日程:3月19日(日)、26日(日)

各日 13:30~16:30

 

参加費:無料(定員20名づつ)

参加対象:小学3年生~高校1年生(親子連れOK)

会場:BankART Studio NYK

   〒231-0002 横浜市中区海岸通3-9

​主催:横浜市

Webインタビュー(後半)掲載

January 19, 2017

私のインドネシアでの歩みについてをインタビューしていただきました。

記事は前編/後編にわかれています。
今回は、後編のご紹介です。(前編は前回の投稿をご覧ください)

後編では、現地での制作についてを中心にまとめていただいてます。
日本との制作環境の違い、キジャンミヅマとの出会い、横浜に帰ってきて今後どうするか、などなど。ぜひご覧ください。

Webインタビュー(前半)掲載

January 11, 2017

私のインドネシアでの歩みについてをインタビューしていただきました。

記事は前編/後編にわかれています。

前編では、渡航までの経緯や準備の仕方、私がお世話になったトビタテという留学支援制度について、ジャワ島での田舎暮らしについてなど、一連の全体像についてお伝えする内容となっております。

出展情報「第65回東京藝術大学卒業・修了作品展」

January 19, 2017

2017 年 1 月 26 日(木)-1 月 31 日(火)

9:30 - 17:30(入場は 17:00 まで)/ 最終日 9:30 - 12:30(入場は 12:00 まで)

東京都美術館 / 大学美術館 / 大学構内 東京藝術大学 卒業・修了作品展によせて

 

学生生活の集大成として毎年ご好評を頂いております卒業・修了作品展は、今回で65回目を迎えます。美術学部全科が上野に一堂に会し、東京都美術館、大学美術館、陳列館や正木記念館、また、学内の各科の特徴のあるアトリエのスペースや屋外のロケーションなどを活用しながら、見応えのある展覧会を構成していきます。展覧会を通して本学の恵まれた制作・研究環境を楽しみながら、本学卒業・修了生のこれまでの質の高い成果と、これからの更なる成長の兆しを感じ取っていただけることでしょう。
どうぞ広くご高覧、ご高評いただき、本学卒業・修了生の成長に期待していただければ幸いです。 

雑誌「踊り場」に掲載

January 02, 2017

雑誌踊り場にて8ページ掲載されています。

インドネシアでの満月の日の出来事を綴った満月通信、

作品の生まれかたなど。

雑誌「踊り場」https://odoribamag.stores.jp/?category=%E9%9B%91%E8%AA%8C

東京の王子にある本屋「コ本屋」https://twitter.com/honkbooks?lang=ja でもご購入いただけます。

出展情報「森に戯ぶ」

August 31, 2016

森に戯(あそ)ぶ -若手芸術家7人による野外展示-

長野県小諸市の森の中で若手芸術家が滞在制作をしました。
普段の環境と違う場所に身を置き、そこで作家として何が出来るのか
森に戯んだ各自の成果を展示します。

9月18日~10月1日 11:00~18:00 ※定休日 火・水・木

・出展作家
飯野哲心
市川ヂュン
大和田愛子
折原智江
藤田クレア
牧田沙弥香
山本愛子

オープニングパーティー 9月18日 16:00~
クロージングコンサート 10月1日 16:00~

衣装担当「生命力の踊り場」

March 31, 2015

絹のワンピースを2点制作しました。

SEIMEIRYOKU NO ODORIBA vol.2
-Ritual-Festivity by the Arts in Kobuchizawa-

Breath of life flowing. 
Original works stand in the sky.

Vibrant of life beating. 
African works shake the earth.

“Time & Space”, “History & Climate” and “Ancient life force” in Kobuchizawa. Works created in these motifs.

We create dramatic space by a natural environment by which this area takes pride and collaboration with art by taking place in Kobuchizawa-shoutengai.

出展情報「WIP展」

June 29, 2016

WIP展 2016

会期|2016年7月11日(月) ‒ 15日(金) 11:00 ‒ 17:00
開催地|東京藝術大学取手校地 茨城県取手市小文間5000
主催|東京藝術大学先端芸術表現 卒業・修了作品展2017 実行委員会

WEB:http://ima.fa.geidai.ac.jp/event/sentan2017
Twitter:@sentan2017
Facebook:https://m.facebook.com/geidaisentansotsushuten2017/
概要|
WIP展は、来春に開催される先端芸術表現の卒業・修了制作展の制作過程を開示する展覧会です。
「Work In Progress -進行中-」。目の前にありながら、まだ掴めない靄(もや)のような、絶え間ない試行錯誤と表現への情熱がそこにはあります。私たちはその制作過程をあえて見せることで、自らの表現を提示し、更なる作品の更新を試みます。無限の可能性を秘めた、”今”が詰まった約50の制作過程をどうぞご覧ください。
イベント|
2016年7月15日(金)
12:00 ‒ 17:00 伊藤亜紗さんによるゲスト講評
17:30 ‒ 19:00 クロージング・パーティ

インドネシア滞在報告会 開催のお知らせ

January 24, 2016

1月30日18時より、インドネシア滞在報告会をBankARTのPubスペースで行います。

ワンドリングでどなたでもご参加できます。軽食をご用意させていただきます。

お気軽にお越しくださいませ。


私は昨年の夏から年末にかけての半年間、インドネシア ジャワ島のジョグジャカルタに滞在していました。伝統染色バティックのリサーチと、アーティスト・イン・レジデンスでの滞在制作をメインに活動しておりました。今回の報告会では、それらの活動についてをスライドショーを使ってお話させていただきます。
 

出展情報「GOOD DESIGN EXHIBITION 2015(G展)」

November 11, 2015

​新潟伝統織物「亀田縞」を使用したテキスタイルが、グッドデザイン賞を受賞しました。

2015年度グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2015(G展)」

10月30日(金)から11月4日(水)まで東京ミッドタウンにて開催。

出展情報「ウィンドウギャラリー8×8」

December 12, 2014

山本愛子「 時の結晶 」

会期: 2014年12月15日~1月9日(土日休) 9:30~20:00

 

場所: 東京芸術大学 取手校地 佐藤時啓研究室ウィンドウギャラリーSpace8x8

京都で展示していた作品の一部をウィンドウギャラリーに展示いたします。

出展情報「EPOCH GAEDEN」

December 17, 2014

EPOCH GAEDEN展
 
2014年12月8日(月)~12月19日(金)12:00~17:00
 
企画:金沢美術工芸大学日本画専攻先端表現コース
 
場所:問屋まちスタジオ(〒920-0061 石川県金沢市問屋町1丁目90)
 
金沢美術工芸大学日本画専攻先端表現コース生+αプロデュースによる金沢美術工芸大学と東京藝術大学院先端専攻の学生の作品を集めた有志学生展覧会「エポックガーデン」を開催します。「1m四方以内」という制限のもと、映像作品から立体作品まで、形式を超えて作品を持ち寄ります。限られた空間は各々が表現を開拓した小さな創造の「庭」。次世代の作家が現在を投影する「エポックガーデン」展は金沢問屋まちスタジオにおいて8日から開催です。

出展情報「ROKKAN展」

October 29, 2014

将来を期待される新鋭染色作家展

ROKKAN 展

 

会期 11月1日〜24日 10:00-18:00
場所  染•清流館

11月1日14時より、会場でギャラリートークを行います。

 

監修=鳥羽美花

 

青木聡子  大蔵紗也
大村優里  メリンダ•ヒール
増田晴香  山本愛子

出展情報「井野アーティストヴィレッジOPEN STUDIO 2014」

June 30, 2014

井野アーティストヴィレッジ オープンスタジオ 2014
井野アーティストヴィレッジ オープンスタジオ 2014にて102号室作家として作品展示と、佐藤研究室のメンバーとして参加しています。

出展情報「ATLAS展」

June 29, 2014

ATLAS 2014
 
会期|2014年7月7日[月]―7月13日[日] 11:00―17:00 
会場|東京藝術大学取手校地(茨城県取手市小文間5000)
 
東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻 修士課程1 年・博士課程2 年による制作発表展「ATLAS 展」を開催いたします。
それぞれの作家が独自に追求してきたテーマや思想を反映させ、自らの立ち位置を明確にした座標となる作品は、まさに一つの地図であると言えます。

 
そうした地図の集合体、すなわち「地図帳」であるこの展覧会を「ATLAS」(アトラス) と名付けました。
是非この機会にご覧頂けると幸いです。

出展情報「平成25年度 武蔵野美術大学 卒業•修了制作展」

December 31, 2013

平成25年度 武蔵野美術大学 卒業•修了制作展

日程2014年1月16日(木)~2014年1月19日(日)

9:00-17:00 *美術館は10:00-17:00

場所鷹の台キャンパス

武蔵野美術大学
〒187-8505 東京都小平市小川町1-736

個展のお知らせ「脈うつとき」

September 30, 2014

山 本 愛 子 展 

脈 う つ と き 

aiko yamamoto Solo Exhibition


Pulsing Time
2013年10月21日(月)~10月26日(土)
15:00~20:00
Closing reception 26日(土)17:00~

in Art Lab AKIBA

 

鏡のような水面があった
その 凪が 脈うつとき
私の鼓動も 言葉も まとう布も
その さざなみよりも僅かな
表面張力に反応し 語りだす
色彩は混じりはじめ 光は粒へ向かう
音の無い ゆるやかな脈のなかで
まさに 宇宙と 対話をしている

           山 本 愛 子

Please reload